臓腑論


 @臓とは実質臓器を、腑とは中腔臓器を指す。

 A六臓 … 五臓(肝、心、脾、肺、腎)に心包を加える。

 B六腑 … 五腑(胆、小腸、胃、大腸、膀胱)に三焦を加える。

 C臓腑の表裏関係 … 肝と胆、心と小腸、脾と胃、肺と大腸、腎と膀胱はそれぞれ表裏関係にある。

 D血の生成・循環に関係する臓腑 … 肝、心、脾

 E津液の代謝に関係する臓腑 … 脾、肺、腎

 F奇恒の腑 … 骨、髄、脳、脈、胆、女子胞がある。

(1)肝の生理機能

 @肝は血を蔵す。

 A肝は疎泄を主る。

(2)心の生理機能

 @心は神を蔵す。

(3)脾の生理機能

 @脾は運化(消化、吸収)を主る。

 A脾は統血を主る。

(4)肺の生理機能

 @肺は気を主る。

 A肺は水道を通調する(宣散、粛降)。

(5)腎の生理機能

 @腎は精を蔵す。

 A腎は水を主る。

 B腎は納気(吸気)を主る。

 C腰は腎の腑なり。


インデックスに戻る